« 岡野、ごめん! | Main | お祝いいろいろ »

JR福知山線の事故

JR福知山線の脱線事故。
昨日からずっとニュースを追いかけてしまってますが、
ほんとに言葉がありません。

亡くなられた方のご冥福をお祈りし、
ケガをされた方の1日も早い回復をお祈りします。
そして、被害に会われた方のご家族の方にも
精一杯のお見舞いを。

電車ってあんなに弱いのか・・・とも思いましたが。
「横からの衝突に対する安全基準はない」らしいですが、
電車が横からあんな衝撃を受ける なんて
そもそも誰も予想できないのでは。
横から って、踏切事故くらい?
たぶん今回の事故は踏切事故の比ではないと思うんですが。


そしてその一方でとても気になっているのが、
あのマンションにお住まいの方々のこと。
「怖くてもうここには住めない」と思ってしまう方もいるでしょう。
そう思ってはいても簡単に引っ越せない って方もいるでしょう。

そもそも、車輌が全部撤去されたあと、
あのマンションは「住める」ものなんでしょうか。
大きな地震があるたびに、
【見た目では普通に建っているのに
応急危険度判定では「危険」と判定されて入れない】
という建物がいくつも見られますよね。
制限速度オーバーがどうのと報道では聞きますが、
仮に制限速度内だったとしても
それだけのスピードの電車に激突されたときの衝撃は
地震と比べてどの程度なんだろうかと。

このまま住みたくてももう住めない ということも
考えられなくはないな と思うのです。

一瞬の*何か*が元で
たくさんの人々の生活がめちゃくちゃになってしまいました。

悠長にレッズの心配をしていられるわたしは
もしかしたらすごく幸せなのかも知れない と思いつつ。

|

« 岡野、ごめん! | Main | お祝いいろいろ »

できごと」カテゴリの記事

ひとりごと」カテゴリの記事

Comments

なんというか、もうどこで何があるかわからないです・・・。
レッズの心配できるって、ある意味幸せですよね。
私もそう思いました。
これ以上被害が広がらない事を祈るばかりです。

Posted by: reds_and_blues | Apr 26, 2005 at 08:56 PM

reds_and_bluesさん、はじめまして。
コメント&TBありがとうございます。
楽しい話で「はじめまして」って言えたらもっとよかったんですが。。。

今日になって、亡くなられた方の人数がまた増えてしまっています。
「好きなものや好きなことの心配をしていられる」ことが
どんなに幸せか としみじみ思ってしまいますね。

こちらからもTB送らせていただきました。
また遊びに来てくださいね。

Posted by: あずさ | Apr 27, 2005 at 10:39 AM

ほんとですね、楽しいことで始めましてだったら良かったです><;
生きてるだけで幸せだなぁと思います本当に。
レッズという夢中になれるものもあるし。
これからも宜しくお願いします☆

Posted by: reds_and_blues | Apr 27, 2005 at 03:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83023/3866871

Listed below are links to weblogs that reference JR福知山線の事故:

» もう二度と同じような事故が起こりませんように。 [REDS&BLUES 大学生サカ日記]
兵庫県尼崎市で起きたJR脱線事故。 昨日夜のテレビで始めて知った。JR史上最悪の事故になってしまった。 マンションに車体がめり込んだというからどんなものかと思えば、2両目までは完全にマンションにめり込み、想像を超える激しさで悲惨さで、衝撃的だった。 日付が変わる頃になっても救出作業は続き、テレビ中継がなされていた。 1日を追う映像。助かった乗客の声、担架で運ばれる人、レスキュー隊。 そして多くのマスコミに�... [Read More]

Tracked on Apr 26, 2005 at 08:54 PM

» JR尼崎の事故にて [ニ ュ ー ヨ ー ク ・ ブ ロ ウ                         〜NYでもタコ焼きを焼く英国人へ〜]
事故発生以来、ずっと釘付けだった。 情報が更新される度に、ネットで各ソースをチェックすれるのは勿論、 日本の友人・知人が情報不足だろうからと彼是メールを寄越してくれた。 救出された被害者の搬送先リストを見ると、 知った名前が2つ有った。 同姓同名だという事だけを願いながら、 日本に電話をして何とか状況把握に努めた。 しかし残念ながらその名は私の元同僚だった。 二人共重症だと判った。 ... [Read More]

Tracked on Apr 27, 2005 at 08:48 PM

« 岡野、ごめん! | Main | お祝いいろいろ »