« 今日のゴール裏! | Main | 今度こそフルメンバー »

vs サンフレッチェ ~第23節~

レッズ 2-1 サンフレッチェ
やっぱりホームじゃ、負けられない。

久しぶりのホーム埼スタ。
なんかすごく久しぶりな気がしたんだけど、
平日夜のアルディージャ戦以来だったね。
そりゃほんとに久しぶりだ。
それだけでもみんなのハードスケジュールさ加減が判るってもの。
ここでやっと1週間開いたから、
これからは内容面でも期待できるかな? と思っていたけど。

世の中そんなに甘くないらしい。

でも試合の入り方はよかったと思うんだよ。
キックオフ直後から立て続けにチャンス作れた。
つまりは そこは決めてくれなきゃ! って話でもあったんだけどね。
でも、そもそもそこまで行けない試合もずいぶんあったことを考えたら
この試合の立ち上がり、期待ができたもん。
このいくつもあったチャンスの1つでも決められてたら
この試合の進み方はまた違ったのかもしれないけど。

闘莉王のシュートは鳥肌モノだった。
ほんとに寒気がするくらいだった。目の前だったし。
このシュートを見られただけで満足しそうだった。

暢久は、やっと*前に*走ったね(爆)
あのシュートが決まった瞬間の、スタンドの爆発っぷり。
ただ単に勝ち越し点が入ったってだけじゃなかったよね。
みんな、暢久が「やってくれる」のをほんとに待ってたんだ!
・・・・インタビューの後の「ひとりで1周挨拶」が
       あんまりなほどおざなりだったのはやっぱり照れ?
       それも笑って許されちゃうのも暢久だからだよね。
       って、北ゴール裏は許さなかったけど(^_^;)

さて。
この試合、当然いいとこばかりじゃなかったわけで。
失点シーンはまたなんか抗議してたとこだったらしいけど、
そもそもその前にキープしようとしたボールを取られたのが事の起こり。
(だとわたしは思っている)
その失点の後から後半にかけて攻められっぱなしだったのは、
ルーズボールもセカンドボールもことごとく取られてたから。
おまけに何かとインターセプトされまくってたから。

どこが悪いのかなんて、しょせん素人のわたしが言えることじゃないし、
きっとギドもゲルトも選手のみんなも「頭じゃ判ってる」んだと思う。
#つか、判っててくれなきゃそれはそれでどーかと。
ただ、それでもわたしが思うのは
・キープするなら取られるな   とか
・クリアするならきっちりクリアしろ   とか
・パス出したところで満足して止まるな    とか
・パスが自分の足元に来るまでその場で待ってるばかりじゃどーよ   とか。

今日(もう昨日だ)のREDS PRESSより。

練習前のミーティングは、勝利後にも関わらず、
じっくりと30分間にわたって行われた。
選手の話によれば、失点場面をふくめての修正ポイントが挙げられたという。

修正ポイント、みんなで同じ認識ができたら
ちゃんと修正できるはずだよね?
ほんとに、できないコに無理やり期待してるんじゃないんだから。

-----*-----*-----*-----*-----

ところで、フロンターレvsジュビロ戦を見て。
ジュビロが勝った~♪ ってのは置いといて。
#いや、ありがとうゴン!

フロンターレも、どう見ても一昨日のレッズより出来は良かったと思う。
でも負けるときは負けるんだよね。
そりゃ「勝ち試合、しかも内容も○!」に越したことはないけど、
最終的には勝ってナンボの世界。モノを言うのは勝ち点だけ。
だったらどんな内容でも勝ってる限りいいのかも。

って言う気分になってしまいましたさ。
なんて刹那的な(自爆)

|

« 今日のゴール裏! | Main | 今度こそフルメンバー »

レッズ観戦記 ~2006~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83023/11938266

Listed below are links to weblogs that reference vs サンフレッチェ ~第23節~:

» レッズ、広島に辛勝 [one shot]
第23節vsサンフレッチェ広島2006年9月16日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム 試合結果浦和レッズ2-1サンフレッチェ広島得点者:35分闘莉王、39分ウェズレイ(広島)、86分山田入場者... [Read More]

Tracked on Sep 18, 2006 at 08:47 AM

« 今日のゴール裏! | Main | 今度こそフルメンバー »