« October 2006 | Main | December 2006 »

vs FC東京 ~第33節~

FC東京 0-0 レッズ
そんなにお家がいいのかこのコたちは!

と、後で思った。
そりゃ、仮に勝てなくてもガンバが勝てなきゃそれで良し だし、
引き分けとけば、ガンバが勝っても最終節負けなきゃ良し。
だったら「負けないような」試合をしとくのは大事なことかも?

でもねぇ
そもそもみんな硬くなってるのが目に見えて判っちゃうんだよなぁ。
普段そんなプレイしないだろう! と。
だから必要以上に慎重な試合運びになっちゃった感じ。
いくらなんでも引きまくり過ぎ。
それじゃできることの半分もできないよ。
「やればできる」ったってやらなきゃできないって。

横パスとバックパス抜いたらプレイ半分なくなっちゃうんじゃ?
しかもそれをカットされちゃもうどうしてくれよう と。
ゴールどっちだか判ってる?? とか。
そこまで行って何でシュートしないの!!! とか。
前にシトンしかいない だけじゃ飽きたらず、
マイボールになっても前に行かないんじゃほんとにもう とか。

で、最初に戻る。
アンタたちはそんなに「お家で優勝」したいわけ? と。

この日のFC東京の子たちの出来を見たら、
こんなんじゃ点は取れませんよ。
動きのよさは段違いに向こうの勝ち。
ギシが何点防いでくれた?
無事に引き分けに持ち込めたからまだよかったけど。

わたし、ベンチなんてまったく見てなかったんですよ。
アウェイ自由のかなーりバック寄りだったから
今考えたらほぼ正面に見えてたはずなんだけど(^_^;)
だからベンチから「万博2-2」のサインが出てたことも知らない。
おかげで、後半40分過ぎあたりからすっごく苛ついた・・・
勝つ気ないのか! って。なかったのね・・・ある意味・・・・・
#闘莉王と一緒かわたしは

これで最終節がそのまま最終決戦。
他の試合をまったく気にすることなく、目の前の試合に集中できる。
この試合みたいに90分間ずっと他所も気になる ってよりも
ずーーっといい状態で試合ができるね。
ホームで、スタンド350度のサポの後押しを受けて、
文句なしの優勝を!

-----*-----*-----*-----*-----

さて

うっちーはどーしてキャプテンマークを闘莉王に譲っちゃうのか(^_^;)
とつい思っちゃった人はわたしだけですか?

サンガ、すごく頑張ってくれたよねーー
得失点差、1しか縮まなかったってもう、感謝してもし切れない(爆)

-----*-----*-----*-----*-----

Continue reading "vs FC東京 ~第33節~"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のゴール裏!

今日のゴール裏!

勝って帰るよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

vs ヴァンフォーレ ~第32節~

レッズ 3-0 ヴァンフォーレ
ドラマティックにも程がある(^_^;)

急に寒くなったけど、幸い雨は降ってなくて
プレイする分には「寒すぎ!」ってこともないかな?
って感じの天気。
席に着くとカップホルダーに黒のシートが入ってて
今日もビジュアルやるんだな と。

シート揚げながら覗き見た北ゴール裏の綺麗さに驚いてたら
バックも、メインも!しかもアッパーまで。
2003のナビ決勝を思い出した~ 絶対負けないよこれ。

で、試合は。
みんなの気持ちはすごくよく伝わってくるんだけど・・・
焦り過ぎ。つか慌て過ぎ。
もっと落ち着いてやればなんともないことじゃないか!
ってことがもう何回あったことか。
その際たるものがシトンのPK2本外しだけど。

同じ試合で2本「外す」ならまだしも「止められる」なんて
それ有り得ないし!
ギシが

『2本目は甲府のGKが早く動いたのが見えたので、いつものワシ(ワシントン)なら冷静に流し込むと思った。』

ってコメントしてたけど、ほんとに2本目はGKが先に動いてた。
後出しじゃんけんで負けてるし!<をい

でもこれでもしヴァンフォーレに先制されてたら
もっと雰囲気悪くなってたかもしれない と考えると、
何度かあった向こうのチャンスを抑えられたのが、
ハーフタイムにきちんと切り替えられた要因のひとつかな?と。
ま、ギドがぶち切れたから逆に・・・ って話もあるらしいが(^_^;)

後半、いきなり先制点。
前半あんなに苦しんだのはなんだったんだ?ってくらい
あっさりと得点。
後半キックオフ直後からハセがサイド切り裂いて行ったのがよかったかな。
向こうはサイドを見なきゃならなくなって、逆に中が空いた。
今の暢久、あれだけスペースあったら楽勝でクロス上げられる。

先制点を、シトンが決めた ってのがほんとに良かった。
誰が入れても1点は1点だけど、
前半の嫌~なことがあれで全部吹き飛んだ。
決めたシトンに「群がってく」みんなを見て、
みんなもやっぱりそうだったのかなぁ とか。
シトンのはじけた笑顔を見ても、やっぱりそうだったかなあ と。
で、シトンに何人登ってんですか(爆)

これでスタジアムの空気が変わりましたね。
え? え?? っていう空気が 行ける!って感じに。
ミスも減ったし、攻撃がちゃんと繋がるように。

暢久はこの日も確変止まらず。
前節の途中交代がまた効いちゃった?
1得点1アシスト っていう記録以上に、90分効きまくり。
前に 岡野はまだ上手くなるのか?!って思ったけど
暢久もか?
まったくもう、うちの三十路組と来たら。天井知らずなんだから。

萌ちゃんが久々にトップの試合に。
U-21で試合やった直後だっただけあって、試合勘に心配はなかったね。
それにしてもこのコ、トップの試合に来ればきっちりやれるんだよなあ。
お兄ちゃんたちが声かけてくれるからなぁ(^_^;)
それが自力でできるようになると、またレベルアップなんだけどな~

雄ちゃんと相馬も、自分のできることをちゃんと見せてくれたし
ヒラは久々に1人スルーパス駆け上がり!を見せてくれたし。
細かいミスはまあ置いといて、この日のミッションは達成。
内容がどうとかより、あと2試合に向けての気持ちの面で
いい試合ができたんじゃないかな。

で、サッカーの神様は
頑張ったコたちにご褒美をくれました。
フロンタは脱落し、ガンバは足踏み。
FC東京戦で勝てば、そこで決まりですよ。
アウェイで優勝 ってのも悪くないじゃない?
うちのホームで優勝される ってやられまくってるし(^_^;)
2004はホームだったけど「負けて」優勝だったしね。
アウェイでもいいから「勝って」優勝決めたい!

-----*-----*-----*-----*-----

まだかなり早い時間だったようで知らなかったけど、
バカがバカな断幕をメインロアーとビジターの間に出したそうで。
情けないと言うか恥ずかしいと言うか、
やっていいことといけないことの区別くらい付けられないのかと。
つーかその断幕を出して誰が喜ぶのかと。
うちのコたち、誰1人喜ばないよそんなもん。
横断幕ってのは、サポートするためのものなんじゃないの?

出したバカの存在も情けないけど、
出した本人以外にそこに誰もいなかったわけじゃあるまいし
誰か1人くらい止めようと思わなかったんだろうか とか
自分で止めに行くのは怖いかもしれないけど
シミスポなりクラブの人なりに言いに行くくらいできなかったのか とか。

REDS系とは言えこんな隅っこのブログまで読みに来る
ヴァンフォーレサポさんがいるとも思えないけど
ほんとに、ごめんなさい。

| | Comments (0)

レッズここまで決まらないんじゃ(BlogPet)

今日はレッズをBLOGしたかった
グランパス1-0レッズここまで決まらないんじゃ
グランパス1-0レッズここまで決まらないのか
と、広いグランパス1-0レッズここまで決まらないんじゃ
今日グランパスや広いレッズとか決まらないんじゃ
レッズや、レッズとかをBLOGしたかったのか
と、広いグランパスなど決まらないんじゃ
レッズや、レッズとグランパスや広いレッズとか決まらないんじゃ
今日、この.
と、あずさが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぺん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のゴール裏!

今日のゴール裏!

メインアッパーもかなり入ってる!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「できる」じゃなくて「する」!

ウチの課長(@埼玉県民)は、基本的に野球の人です。
でも埼玉県民だからなのか、
わたしがほぼ全試合参戦してるの知ってるからか、
レッズの試合明けの日は必ず何かしら言ってくるんです、が、

今週の火曜はと言うと。<月曜は有休取ってたですよ
「レッズだいじょーぶなの?ちょっと危ないんじゃないの~?
  優勝できるの~?」
と言われましたよ。

ジュビロ戦の後にも同じようなこと言われまして。
そのときは、試合内容が内容だったせいかこっちもブチっと来まして、
「その話禁止。黙っててください。」と言い放ったんですが(自爆)

今回はちょっとこっちの気持ちも違う。
なんたってグランパス戦は、決まらなかった*だけ*だからね。
#それが問題って話は置いといて
もうこれからは大丈夫。

で、わたしはこう言ったですよ。
「何言ってんですか~? 優勝“できる?”じゃないですよー
  優勝“する”んです~(^o^)」
とな。

そーか “する”のかー と返ってきましたが(^_^;)

-----*-----*-----*-----*-----

マリノス戦でのGO REDS GOの中の1曲に、
FINAL COUNTDOWNが使われてました。
残されたカウントは、あと3つ。ほんとに、「FINAL」が目の前です。

あと3戦、全部勝てるはずだよね。
うちのコたちはみんな、絶対やれるはず。
そりゃ、みんな大なり小なり痛めてるところはあるし
万全って言葉からは程遠いところにいるのも確かだけど。

その分は、スタンドから後押ししてあげればいいはずだから。
スタンドからの力が一番強いのが、レッズサポーターのはずだから。
だから、みんなの力を合わせたら、優勝「する」!

さあ、まずはヴァンフォーレ戦。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

vs グランパス ~第31節~

グランパス 1-0 レッズ
ここまで決まらないんじゃ、しょうがないのか。

と、この一言で全てが片付いてしまうな。
シュート数、グランパス3,レッズ18。
でも、試合は1-0で負け って。

試合開始から としたら初めての4バック。
でも、4バックにしたこと自体は別に悪くなかったよね。
それこそ「急造4バック」と言ってもおかしくないくらいだけど
ちゃんと機能してた、と、思う。
いや、ほんとは4バックなら両サイドがもっと上がらなきゃなのか?
でも、「上がって来ないからチャンスが作れない」ってことは
全然なかったしね。

前半から何度となくシュートまで持って来れるんだ。
それが、この試合に限ってついに1つも決まらなかった。
闘莉王が 「こういう日もある。入らない時は、何をやっても入らないし。」と
コメントしてたけど、それ以外に言いようがない。
前半の、ポストを叩いたシトンのシュートが決まってれば・・・!
とは思うけどね。
でも最後まで絶対に点入ると思ってたし。
これだけ攻めてて、入らないわけないとか思ってたし。

失点シーン。
あのときだけ、あの場所にぽっかりスペースを空けちゃった。
ゴール裏の「ちょうどあのスペースの真後ろ」ってあたりに居たので
これヤバい、危ない!! と思ったところを決められた。
とりあえずヨンセンは上手かった。それは仕方ないけど、
あんなにフリーでクロス上げさせちゃったらダメだよね。
危ない動きをする子を、フリーにしちゃいけない。

あと2週間。あと3試合。
確かに差は詰められたけど、勝てばいいことに変わりはないし。
ホーム2試合 + アウェイ1試合。
味スタなら、「ほぼホーム」にできるはず。
落ち着いて、今まで通りに、できる限りのことをしよう!

-----*-----*-----*-----*-----

豊スタ、初めて行きましたよ。
またもゴール裏の並びはすごいことになってましたね(^_^;)

スタに着いたのは10:30くらいだったかと思うんだけど、
もう芝生エリアの列もかなり延びてました。
しかもひたすら往復してる形の列で。
開門を待ちながら、カシマの入場の荒れ方を想像しちゃいましたよ。
でもここは仕切りがちゃんとしてた!
1往復ずつ切っての入場。しかもそれぞれの最後尾には必ずスタッフ。
あーーー 見習ってくれーーーーー!>どことかどことかどことか

入場したときはもう、1階には席が見つけられず。
とりあえず2階に上がりましたが・・・・
怖いって。あの急勾配は怖すぎだって。
わたしは高所恐怖症ではないぞ。でもバランス感覚がないんだ!
三半規管じゃなくて「一半規管」だ って言われてるんだから(自爆)
つーことで
半ば意地になって1階探しましたよ。
空きを見つけたときにはマジでホッとしたよーーー

上で立ってた人、心の底から尊敬します。ほんとに、もう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スポーツナ(BlogPet)

あずさが
J1浦和のオフィシャル監督、退任へ=「家族と暮らしたい」と独紙に明言(スポーツナ.
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぺん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オフィシャル、仕事早!

「ギドは今季限り」の記事が出たのは昨夜のこと。
それから1日どころか半日もしない間に、
そこらじゅうが大騒ぎになりましたよ。
それこそ「ドイツの1紙だけ」の記事が通信社から流れただけなのに、
その記事だけをベースにスポーツ新聞全てで記事になるんだもんなぁ。

たくさんのブロガーさんたちも大騒ぎ。
わたしもだけど。
受け止め方はどうあれ、
「とにかく今は名古屋戦!」とか「優勝するぞ!」とか
そんな締め方ばかりではあったけど、
それでもエントリー上げちゃう時点で動揺してたのか? って気も、
1日経ってみるとしてきたり。

と思っていたら、オフィシャルに社長からのコメントが出ました。
06.11.17 ファン・サポーターの皆様へ(オフィシャル)

みなさん、こんにちは。いつも応援ありがとうございます。

ギド・ブッフバルト監督について、来季はレッズの監督をやめてドイツに帰国するという報道が、ドイツの新聞でありました。
ギドが来季もレッズの監督を続けるかどうかは、リーグ戦終了後に発表します。

現在、レッズはリーグチャンピオンに向けて最後の階段を昇っているところであり、今の段階で交渉を続けることはチームにとってプラスではないと思います。
今はチームが練習や試合に集中できる状況を作りたいと思っています。したがって監督問題は、リーグ戦終了後に決定しようということでギドと合意しています。

最後までみなさんと一緒に闘い、共に頂点へ昇りましょう。
 
2006年11月17日
浦和レッドダイヤモンズ 代表 藤口光紀

昨夜一報を見たとき、オフィシャル!何か言って!と思ったんだよね。
何でもいいから公式コメント出すべきでしょ?と。
そしたらほんとに出てきた。
しかもレッズのオフィシャルにしては早い!
これで落ち着いた人もかなりいるんじゃないかな?
GGR、見られない人だってたくさんいるだろうしね。

さあ、明日は名古屋戦ですよ。
勝ち点3、獲って来ようね!

それにしてもスポーツ新聞全部でそんなに大きい記事になるとはなぁ・・・
今日はネタがなかったのか?
ま、これも一種の有名税か( ̄ー ̄)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ギド?!

J1浦和のブッフバルト監督、退任へ=「家族と暮らしたい」と独紙に明言
(スポーツナビ:時事通信 2006.11.16  22:00)
ブッフバルト監督、退任へ 家族理由、既にオファーも
(スポーツナビ:共同通信 2006.11.16  22:50)
J1:浦和のブッフバルト監督退任へ
(毎日新聞 2006.11.16  22:53)

って??
えーーーーーっ!?
そりゃ、いつかはそんな日が来るのは判ってるけど、
でも、それが今季なの??
つか、なんでそんな話が今出てくるのよーーー!
なんで今出すのよ!>ドイツ紙ウェルト

何にしても、なおさら優勝しなくっちゃ。
これが事実になるのなら、意地でも優勝しなくっちゃ。

みんな、頑張ろう。ね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

vs F・マリノス ~第30節~

レッズ 1-0 マリノス
着実に、また1歩。

この試合まで、埼スタでマリノスに勝ってなかったんだって?
全然そんなの意識に無かったなぁ。今年一度も負けてないし。
いや、基本的に嫌なことすぐ忘れるタイプなんで(^_^;)

美園の駅からスタジアムまで、「ALL COME TOGETHER」。
埼スタゲートにまで、「ALL COME TOGETHER」。
あ~ ホントに今年は本気だ・・・・・

ツボもホリも離脱したDF陣がかなり心配されて居ましたが、
スタメンはうっちーとネネちゃん。
右に雄ちゃんが入り、前はシトンとロビー。
そしてGKは都築が久々に。
「レギュラー陣が大幅に替わって」とか書かれそうだけど
別に遜色ないもんね?

そして「いつものエンドで」キックオフ。やっぱ落ち着くってこの方が。

うっちーはマルケスをきっちり押さえましたよ。
ネネちゃんは要所要所で上手いカットを見せてくれた。
雄ちゃんはドゥトラに全然負けてないし、
山瀬は啓太がきっちりマークして押さえ込む。
啓太が山瀬につきっきりな分ちょっと空きそうな中盤は
ハセと暢久がよく動いて埋めてる。

守備に関してはほとんど怖い所なかったよね。
山瀬と坂田のツインシュート(爆)以外は。
都築の“ねこパーンチ”も確実なクリアだったし。
放り込みはことごとく闘莉王が跳ね返すし。

開始早々に闘莉王が倒れたときは
うっわーーー やめてーーーどーしようーーーと思ったけど。

得点シーン。
スローインをカットして、パスがロビーに繋がったとこで
行ける!と思った。ただし入れるのはシトンだと思った(自爆)
暢久、これ以上ないって位置に飛び込んで来たね。
シトンが「なかなか仕事をさせてもらえなかった」とコメントしてたけど、
あの位置に暢久が*フリーで*突っ込んでこれたのは
「シトンがそこにいる」からだよね。もう居るだけで仕事してます。シトン。

2点目、3点目が取れるチャンスもあったんだから、
そのうち1つでも決められればもっと楽だったとは思うんだ。
でもあの滑り易いピッチでは仕方ないかも。
雄ちゃんのビッグチャンスは軸足が思いっきり滑ってたし、
そもそもボールが余計に走るし。
取った1点をきっちり守りきることができるようになった って
ある意味進歩だよねえ?

次は、名古屋。
ここからちょっと連戦だから、
ここをきっちり勝ってホームに帰って来たいね。
そのためにもとりあえず代表組!無事に帰って来ること!
って札幌と韓国か・・・どっちも寒いな(^_^;)

-----*-----*-----*-----*-----

ビジュアルサポートは、ハートの12@黒 の裏に居ました。
でかユニの下も、白と赤のハートの12の裏にも居たことがあるけど
黒の裏になったのは初めてでした。
黒の裏ってあんなに暗くなるんだ!驚いた!!

でかユニがアッパーに出てましたね。ちょうど収まってましたね。
ってことは、ゴール裏とアッパーの「長さ」(って言うのか?)は
同じくらいなのか・・・・ とビデオ見て思った。

審判ですが。
もう審判に文句言うのもバカバカしくなってきましたが。
バック側の線審は、オフサードルールの変更を知りませんね?

ハーフタイムと試合終了後に、来年のカレンダーが紹介されました。
なんですか12月のあの雄ちゃんの写真は。
スタジアム中どよめきましたよ。
にしても、ハーフタイムでみんな見てるはずなのに
試合終了後の紹介でまたどよめくっていったい(^_^;)

バックロアーの最後部はオーロラビジョンが見づらいです。
なのでモニターが設置されてます。
基本的にオーロラビジョンと同じ画が映ってますが、
たまに違ったりしてます<試合中はあまり見ないのでよく判らん
で、他会場の結果or経過のときだけ
同じものが1テンポ早く出ちゃうんですよこれが。
#夏海さんが一試合読み終わった瞬間に次の試合が出る
ロアー後部がなぜか早くどよめくのはそのせいです。

さて、試合終了後の他会場の結果のアナウンス。
このときもいつもと同じように1テンポ早く出てた。
が、味スタのFC東京-フロンタ戦 のときだけ、
次の試合を出しちゃってたモニターを元に戻した!
・・・・早く出るって気がついてたのか!だったら直して欲しいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

きょう(BlogPet)

きょう、blogするはずだったの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぺん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のゴール裏!

今日のゴール裏!

都築がスタメンだ!雄ちゃんがスタメンだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんかちょっと物足りない

浦和が世界のクラブ「トップ10」入り(スポーツニッポン 2006.11.9)
だとか、
U-21日本代表(オフィシャル)
に萌ちゃんが選ばれた とか、
AFCユースで決勝進出したU-19代表
で、堤くんが頑張ってる とか。

どれもこれも嬉しい話だよね!
でも
なーんかここんとこ物足りないんだよなぁ・・・・
何でだろう? と思ったら。

もう3試合も、We are Diamonds を歌っていない!

今後の試合全部歌えればイコール優勝だもんね。
埼スタはもちろん、豊田でも味スタでも
やっぱり勝ってWe are Diamonds歌って帰りたいよね~
そのためにも、
みんなの力になれるように、あと5戦サポート頑張らないとね。

ところで報知さん。
浦和、振り払うぞ赤い悪夢 11日横浜M戦でJ記録達成だ(2006.11.10)
「赤い悪夢」っていったい・・・・(-_-;)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

居ないって言われても?

天皇杯で膝を傷めちゃったホリ。
昨日のREDS PRESSで読む限り、
次のマリノス戦はお休みすることがほぼ決定みたいです。
半月板損傷って、軽いか重いかで復帰までの時間もずいぶん違うみたいだけど、
何にしてもムリして試合に出るのはやっぱり禁物。
ジュビロ戦のツボちゃんみたいにまた傷めちゃってもね。
だから、なるべく早く*完治*することを祈るばかり。

でもその昨日のREDS PRESSでは、
ホリが「勝利については、内舘先輩もいるし、萌もいるし、場合によってはヤマさんもヒラも相馬もいる。良い選手が多いから、心配はしていない。」と言い、
アレックスが「若手や今まで出場できなかった選手たちが伸び伸びとプレーしてくれると思う。ウチにはウッチー(内舘)も細貝もいる。それが浦和の強さなんだから。~中略~ 絶対、代わりに出る選手たちは必死でプレーしてくれる。この間にレギュラーを獲ろうと思っているのだから。」と言ってる。

いつもと違うDFラインだから って言うのはもう言い訳にならないよね。
ツボが居ないホリが居ない? それが何か?
例えば「うっちー 闘莉王 ネネちゃん」なら今までにもあったんじゃない?
誰が出るとしても、できることをしっかりやればいいはずだよね。

と思うんだけど、スポーツ新聞が心配してくれていたり。
坪井が、堀之内が、ネネが・・・浦和ピンチ!DFがいない!
(サンケイスポーツ 2006.11.8)
ネネちゃん風邪だそうですが。がんばって治せー ってとこですが。
それにしても「いない!」って。
だからうっちーだって萌ちゃんだって居るってばよ。

で、ちょっとついオフィシャルのチームプロフィールを改めて見てみた。
DFって、ツボと闘莉王とネネちゃんと、近ちゃんと坂本くんと堤くん。
以上6名。終わり。

えーっとえーっとえーっと。もしかしてさぁ・・・
レッズってそもそもDFが居ない! んじゃないの??
って気分に一瞬なった(自爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

vs 静岡FC ~天皇杯4回戦~

レッズ 5-0 静岡FC
なんて大人げない・・・・・・(^_^;)

ギドが自分で「ベストメンバーで」って言ったんだから
あのスタメンはほぼ予想通りではあったけど、
アップにシトンが出て来たときに
「なんて大人げない(^_^;)」と本気で思いましたよ。
つか、それこそ4部リーグ相手に
代表5人+元代表3人+元セレソン(爆)1人って、
これを大人げないと言わずして何と言う。

こんなチームを相手にした静岡FCは、
「ドン引きで守って守ってカウンター」とは正反対の
「えーい どーせ負けてもともとだ~ 行け行け~~!!」な
サッカーをして来ましたよ。
・・・だから荒っぽくなるんだわな。そりゃな。
ウチのコがケガしないか とか、うかつにイエローもらわないか とか
そっちばっかり気になってしまったのはきっとわたしだけじゃあるまい。

試合そのものは、開始4分で達也がループシュートを決めたので
終始レッズペースで運ぶことができたかと。
達也が2得点できたのも良かったし、
ハセが久~しぶりに決めたのも良かった!
ハセのシュート、ほんとに久々に枠に行ったもんねぇ・・・
と思うと啓太がとてつもなく宇宙開発してたけど(^_^;)

後半、ホーム側に攻撃してくるようになってから気がついたんだけど、
この試合でシトンと達也は間違いなくコンビネーションの練習してた。
撃っちゃっていいのに!ってところで
2人ともパスを選ぶことが何度かあったんだけど、
あの2人、間違いなく「より確実に」アイコンタクト取ってたし。
・・・なんて壮大な練習試合なんだ(激爆)

久しぶりと言えば、都築と岡野のスタメン。

久々のツヅキックは、やっぱり見てて気持ちいいくらい決まる!
あの低い弾道は都築にしか出せないと思う。
守備面は間違い無くヒマそうだったけどね(^_^;)
やっぱり都築も見たいよーーーー

岡野は相変わらずボールを持つだけでスタンドが沸きますね。
あのシュートは決めなきゃでしょ! とは思うけど。
ところで岡野は試合では髪を結んでほしくないと思うのはわたしだけ?
だって結んじゃうと「野人」じゃないんだもん<をい

後半頭からホリを替えた訳が解ってなくて「?」だったんだけど
膝痛めてたのね・・・痛いなぁここでホリも離脱となると。
軽傷で済むことを祈ってますが、半月板損傷って大丈夫なの??
替わりに出てきたうっちーは、無難だったと思うよ。
友ちゃんもいつでもリーグ戦も出られる状態だなぁ と思った。

で、ハセに替えて相馬 ってのだけが・・・・
相馬ってことはアレックスお休みかと思ったんだけど、ハセだったでしょ?
この試合でこの点差で*ハセを*替えるなら、
萌ちゃんでも大山くんでもよかったんじゃないのかな。
3人目の交代がハセなら、相馬も出られなくても納得できそうだし。

つか、いっそ特別ルールで5人まで替えてOKとかしたかったな(爆)

ここ2試合勝ちがなかったチームが、ほぼメンバーを変えずに快勝。
残りのリーグ戦5試合に気分良く入って行けそうだね。
最後に笑うのはオレたちだ! ってことで、突っ走ろう!

Continue reading "vs 静岡FC ~天皇杯4回戦~"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のゴール裏!

今日のゴール裏!

初戦!頑張ろう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

きのうあずさで(BlogPet)

きのうあずさで、思い出みたいなblogしなかった。
きのうぺんが、blogした。
駒場まで思い出blogしたよ♪
きょうぺんが思い出もblogしたかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぺん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベストメンバー。

明日は(もう今日だ)天皇杯4回戦。
微妙に怖い思い出もあったりなんかする、駒場での天皇杯初戦です。
でも今年の相手は地域リーグの静岡FC。
いくらなんでも番狂わせを起こさせていい相手ではないですね。
・・・相手がどこでも番狂わされちゃ困るんだが。

ギドは、
つい2・3日前には「これまで機会のない選手にチャンスを」と言っていたのに
昨日になっていきなり、ベストメンバーで臨むと断言しちゃった。
ま、そもそも今年のベストメンバーって誰よ?って話もあるけど、
リーグ戦のスタメンのうち、ケガしてないコは基本的に出すってことなんだろう。

ほんっとうに、負けず嫌いだなぁギドは。<なんか違う

客観的に見たら思いっきり格下のチーム相手の試合だし、
ここでサテのコたちを試さないでいつ試すんだ? って意見がある。
#わたしは、サブのコたちは「試す」必要はないと思ってる
「若い選手のプレーを見たが、まだまだ紅白戦を一緒にやるレベルではない」と
ギドが言うところのサテライトメンバーたち。
でも紅白戦より実戦のほうが間違いなく力はつくはずだし、
レッズのトップチームよりチーム力は落ちる*はず*の相手だから、
使ってみるならこの試合! って考え方はあるだろう。

でも、どんな相手であれ実戦。しかも一発勝負のトーナメント。
トップとそれほど「力の差があるように見えている」メンバーを、
平気で試せるもんだろうか。

そう思うと、「ベストメンバーで」って言うギドの言葉、解らなくはないなぁ・・・
それこそ相手が相手だから、ケガしてるコには無理はさせない。
伸二もヒラもツボも雄ちゃんも、ロビーも明日は出ないだろう。
でも出られるコたちの中から選ぶメンバーは、
その中での「ベスト」メンバーにする。それで試合に臨む。
そういうやり方、解る気がする。

で、サテのコたちは自力でその中に入ってきてほしいんだよね、ギドはきっと。
使う気がないんじゃなくて、使いたいと思わせてほしい。
そういうことなんじゃないかな と思う。
ま、実戦で身につくことの方がずーっと多いはずなのに!
とは思うんだけどね。。。。。

明日の帯同メンバーに入れたカニと萌ちゃんと大山くん。
ギドに「使いたい」と思わせるところに一歩近づいた。
チャンスは自力で掴むもんだよ! 頑張れ!

-----*-----*-----*-----*-----

AFCユース選手権で、堤くんが頑張ってる。
代表に呼ばれ過ぎてチームの練習になかなか入れない堤くん。
もし今チームにいたら、トップに呼ばれてたかもしれないなぁ
と、TVで青い堤くんを見ながらちょっと思った。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »