« April 2008 | Main | June 2008 »

vs ガンバ ~J 第13節~

レッズ 2-3 ガンバ
いい試合だったのにね。

レッズは、たぶん今季の試合の中でいちばんいい入り方ができた。
攻撃の形もずいぶん作れてたと思う。
だから、その「形が作れてる」ときに点を取れてれば、後が全然違ったかも知れない。
・・・・ほんとに、先取点が取れてれば~~

1点めは、あそこでどフリーの選手を作っちゃったのが完全にミス。
2点めは、そりゃ誤審なのかも知れない。つか、誤審だったと思うよ。
でも主審がゲームを止めてない限りはプレーオン。
足を止めたり、走ってるガンバの選手を見送ったりしちゃダメなんだ。
そして3点めは・・・・
あそこでヤットをフリーにしちゃ、そりゃ、ねえ。
あのゼロックスの2点めを思い出しちゃったよ、わたしは。

サッカーは、全員が90分ノーミスでできるスポーツじゃない。
だから、ミスをしちゃうのは仕方のないこと。
でもやっていい って言うか やっちゃっても何とかなるだろう っていうミスと
それは絶対やっちゃダメでしょう! ってミスがあって、
そのやっちゃいけないミスを、ガンバの選手はきっちりモノにした。

ある意味、修正しやすいとも言えそうな気はするんだけどね。

司くんのゴールは、もうあそこしかないってコースに決まったよね。
ここ最近プレースキックを司くんが蹴ることが多くなって、
#ってそれはイコール雄ちゃんがフルに出られないからなんだけど
それに比例して上手くなってきてる気がする。

エジは・・・叩きつけるヘディングをもっと上手く使えるようになったら
きっともっと点が取れると思うんだけどなあ。

啓太、やっとピッチに戻ってこれたね。
#遠目にも解るほど痩せちゃってて、試合前のアップのときに どーしよう(>_<)とか思った
さすがの啓太でも、これだけ休むと試合勘も落ちてるなぁ と。
通常時の啓太なら、あのときヤットをあそこまでフリーにはしてないような気がする。
ほんとは、今の啓太を代表に出したくはなかったなぁ・・・・・

ナビスコはあるけど、リーグはこれで中断。
開幕時のあのチームを見てて、今年はどーなっちゃうんだろうと思ってた。
まさか首位にいるなんて、考えもしなかったよ。
この中断期間で、どれだけチームがレベルアップできるか。
6月はすごく大切な月になるね。

-----*-----*-----*-----*-----*-----

そして試合外では、すごく残念なことばかりになってしまいました。

アントラーズ戦の前にはできあがってたんだよね、新しいデカ旗。
でもデビュー戦としてガンバ戦を選んだのは、
こっちにもそれだけの思い入れがこの試合にあったからだと思うんだけど。

試合前から、いろんな物がガンバサポ側から飛んで来てた。
ペットボトルも試合前から飛んでた覚えがあるよ。
ハーフタイムにも、飛んでるの見えた。
試合中も、ガンバが点取ると飛んでたんだって?これは見てないんだけど。
試合前から終了時まで約120分、どんなに物を投げられてもやり返さなかった南。
そのまま我慢し切れたら、どんなにカッコよかっただろうと思うんだけど・・・
でも、子どもがそのせいで怪我してるんじゃ、堪忍袋の緒も切れるか・・・・・

ガンバの選手たちのあの円陣(“ワニナレナニワ”って言うんだって?)のせいって
けっこういろんなとこで書かれてるけど、それは当たってるようでやっぱり違う。
そりゃ、気分のいいものじゃないけど、あれだけだったらブーイングがいいとこ。
120分、積もりに積もったものが弾けちゃったんだろうなあ。

「最初に」悪かったのは、間違いなくガンバサポ。
物を投げ込むっていう行動が既に問答無用で悪い。

でもレッズサポ側にも、反省しなきゃいけないことはたくさんあるはず。
投げ返しちゃダメだろうし、殴り込んじゃダメだし。
しかもこっちには、コンコースで灰皿投げたバカとかいるらしいですね。
そんなことしていいわけがないんです。

そして、
いくらひとりひとりは「タダの野次馬」のつもりだって、数が集まりゃ脅威になる。
ってことも、覚えておかなきゃいけないことだと思いますよ。
それこそどこのアウェイにも山ほど行くんですから。

-----*-----*-----*-----*-----*-----

「闘莉王と都築が、“ワニナレナニワ”に文句を言いに行った というあれ。
ほんとは何を言ったんだろうね。
止めろって言ったとしたら、そんな権利はないぞ?と思うんだけど。
ただ、ガンバサポのとこでやれ って言ったんだとしたら、
本人たちがどういうつもりで言ったかはおいといて、わたしもそう思うなあ。

万博でピッチ上でやるのは、ホームだからいいの。
自分たちのサポーターがビジター席以外全部にいるんだから。
ピッチ上がいちばん、サポーターと一緒に喜ぶことになると思うんだ。
でもアウェイでは、ガンバサポは基本的にアウェイゴール裏にしかいない。
(指定にいる人もいるけどね)
だったらその、アウェイまで来てくれて一緒に戦ってくれたサポの前 の方が
一緒に喜ぶことになるんじゃないのかな。

うちのコたちだって、アウェイではサポの前でしか派手に喜んだりしてないと思うんだけど。
ただ、バックやメインにもかなり来てるからそこでもあいさつするだけで。

| | Comments (3)

今日のゴール裏!

今日のゴール裏!
勝って、気持ちよく次に向かおう!

| | Comments (0)

vs フロンターレ ~J 第12節~

フロンターレ 0-1 レッズ
またひとつ、レベルアップ。

そりゃ、シュートは3本しかなかったかも知れない。
しかもそのうち1本はPKだった。
スタッツだけ見たら、どっちが勝ちチームだ って言われてもしょうがない。

でも、間違いなくこの試合で、うちのコたちはまたレベルが上がった、と、思う。
少なくともわたしはこの試合中に、つっくんのレベルアップを見ましたよ。

前半のまだ始めのころ、フロンターレのロングパスが
左サイドでうちのDFラインを超えて、バックライン近くまで転がってきたのね。
他のチームとの試合だったら、
そのままラインを割るのを両チームとも見送りそうなボール。
まぁ、こんなことはよくあることだよね。
でも、それこそさすがフロンターレ。たぶんテセだったと思うんだけど
つっくんをぶち抜いて突っ走ってきて、そんなボールに追いついた。
うあっやばいっ!と思ったその時、
勇樹ちゃんが斜めにぶっ飛ばしてきて、抑えることに成功したのよ。

このワンプレイ後のつっくん、テセから目を離さなくなった。
どんなロングパスが飛んできても、必ずボールと人に付くようになった。
競り負けたときも抜かれたときも、追いつこうとすぐに後を追ってた。

なんかすごく嬉しかったなあ。
ミスをしたのは事実だけど、それをすぐに自分のプラスの力として吸収できた。
これだけだって、チームのレベルアップに充分繋がること。

しかもこの試合では90分、ほんとに集中力が切れなかったね。
テセやジュニーニョを自由にさせなかったし。
試合終わってから改めて思ったんだけど、憲剛がまったく怖くなかった。
抑えるべき人を抑えるべき場所できっちり抑えられたね。
試合終了後に守備陣全員にコールが行ったのが、その表れだと思う。

って言うか、相馬もちゃんと守備できるんじゃん!と言う
大発見もあったりしたんだけど(爆)
エジもちゃんと守備意識も持てるんじゃん! とか(激爆)

そもそもこの連戦でいちばん怖いのは、ガンバじゃなくてフロンターレだと思ってた。
そう思ってるのに、さらに追い打ちをくれるように
雨だしケガ人はさらに増えてるし闘莉王は強行出場してるし(^_^;)
フロンターレ相手に無失点とか正直考えられないし(爆)

だから、勝ったことはもちろん、無失点が嬉しい!
あのオフサイドはたぶんほんとにラッキーだったんだろうと思うんだけど、
それにしたってあの時以外、ほぼちゃんと抑えられてたもん。
フロンターレのシュート数ほど、怖いシーンの数はなかったよ。

次のガンバ戦が、中断前の最後の試合。
・・・なんで中断前にフロンタ-ガンバ と続くんだ(^_^;)>日程くん
この試合での集中力を見せてくれれば、きっとガンバも抑えられる。
中断明けには啓太もロビーもアレックスも達也もヒラも戻って来るよね。
そのときにゲルトが本気で困るくらい、今のメンバーの力を見せつけてほしいな!

ところでアップのときに、
峻希にもコールしてあげたかったなぁ と思うのはわたしだけ?
直輝のときは、あんなに山ほどコールしてあげたのになぁ。

-----*-----*-----*-----*-----

等々力のゴール裏2Fは、立っちゃいけないんだそうです。
危ないから?
確かに壁打ち禁止とか言う貼り紙があったね。崩れるって。
崩れるの?ほんとに??そんなに危ないの???

日本平の2Fの方がずっと危ないような気しかしないんだけど。
揺れ方がもうそれはそれは。
でもまあそれはそれとして。

立つな って言われたら立っちゃいけない、んだろう。ほんとは。
でも、アウェイに参戦するうぃあーに、「ゴール裏で」立つなと言われても・・・・・・・・
ゴール裏で「立たない」方があり得ない って意識しかない集団だし・・・・・

だからってダメって言われてるもんを
押し切っていいとは言えないとも思うんだけどねえ。

せめて2Fでは、立つ「だけ」にしておいた方がいいかも?
跳ねるよりはまだいいような、気も、する、ような。
わたしはそもそも膝を一度壊してるから90分跳ねるとかできないんだけど。

| | Comments (4)

vs ジェフ ~J 第11節~

レッズ 3-0 ジェフ
大丈夫かなぁ??

と、いろんなところで思わされた試合。

前半のうちのコたちを見てて、
いやそんなに悪いわけじゃないんだけど・・・
だいじょうぶか?
このまま点が入りそうで入らないまま終わったりしないか?
と、ハーフタイムに本気で心配になりましたよ。
あぁぁロシアンルーレット当たっちゃうかも(>_<) とか。
これ、絶対わたしだけじゃないと思うんだけどなぁ。

雄ちゃんが前半だけで交代したあと、ベンチに戻って来なかったよね?
終了間際に傷めた足、ひどいのかなあ?大丈夫かなあ?
と、これも心配だった。
雄ちゃんは今年FWor2列めで結果出せてる分、
逆に右サイドでは去年ほどの動きができなくなっちゃったのかな?

で、司くんがあれほどサイドで頑張れるとは思わなかったんだけど。
あぁ電池が切れる~!と後半残り10分くらいはかなり心配だったなあ。
このコは着実にスタミナが付いてきてるような気がする。
90分、何とか走れるようになってきたよね?

電池が切れるといえば暢久も。
ボランチに入って、真ん中やれると嬉しいのかなんなのか
とにかく 今日の暢久はいい暢久! みたいな。
闘莉王とも萌ちゃんともうまくやってたよね。
萌ちゃんが何度も攻撃参加できたのは、暢久が後ろで頑張ってたからだと思う。
・・・で、90分は持たなかったみたいだけど(^_^;)
あぁ暢久ももう電池がない~~って感じだった<ここは既に大丈夫じゃなかった(爆)

エジはどうしてああも持ち過ぎちゃうんだろう?
もう1テンポ早く出せば、チャンスが広がるのにってことが何度もあった。
全然出すところがない って訳じゃないのに、1人で突っ込んで取られて。
周り見えてる?大丈夫?

なんで3-0で勝った試合でこんなに心配ネタが?
って感じになってますが。

でもこの試合、
うっちーの弾丸ミドルと萌ちゃんの枠に行くミドルがあったので満足です。
どっちも入ってないけどさー
きっとうっちーのミドルは世界レベルのGK相手じゃないと入らないんだ(爆)
萌ちゃんは攻守の切り替えがうまくなってきたよね。
いいタイミングで上がれるようになったもんね。

後半立て直せるようになったのは、間違いなく進歩した点だし
1点だけじゃなく追加点が取れるようになったのもすごくいいこと。
でも、ヴィッセル戦の時は出だしからいい感じでできたよね?
ってことは、最初からもっとやれてもよかったはず。

次のフロンターレと、その次のガンバ。
この2試合は「後半立て直して」じゃ間に合わないかも知れない。
最初から、100%でぶつからないと。
この試合や今までの試合のスタートが「手を抜いてた」なんて言わないけど、
でも最初からもっとできるはず。
闘莉王も出られるかどうか判らなくなった次の試合、
#とか言いながらムリヤリ出そうな気もするけど
確かに闘莉王がいないのは痛手なんだけど、
逆に 誰が出たってやれる ってところを見せられるってことでもあるよね。

リーグ中断まであと2試合。ここが頑張りどころだよ!

-----*-----*-----*-----*-----

で、他人事と言っちゃえばそれまでだけど
ジェフは大丈夫なんだろうか。
終了前あたりにうちのコたちが鳥かご始めちゃって、
あれはひどいひど過ぎる とかもう笑いながら見てたんだけど、
鳥かごってのは、中の子はボール取りに行くじゃない?
ジェフの子、ボール取れない じゃなくて 取ろうとしない んだもん。

そもそもキックオフ直後から思ってはいたけど、
あんなに動かないジェフは信じられないよ。
フクアリ好きだし、J1に居てほしいんだけどなあ。

-----*-----*-----*-----*-----

そしてクラブはだいじょーぶか?つか、何考えてんだ?? と思ったのは、

MDCですよね!

なんで雄ちゃんだけ、あんな写真使っちゃうの o((*^▽^*))o?

| | Comments (0)

今日のゴール裏!

今日のゴール裏!
フラッグが多いなー

連敗ストッパーの名は返上しようね!

| | Comments (0)

vs コンサドーレ ~J 第9節~

レッズ 4-2 コンサドーレ
だからなぜアンタたちは最初からそれをやらない??

と、思ったのは絶対わたしだけじゃないと思う。

雄ちゃんの代わりに司くんがスタメン。
あとは京都と同じメンバー。
ベンチには、入るはずだっただろう達也と2日連続で試合に出た直輝に替わって、セルと高崎が。ここんとこサブが攻撃的だわ(^_^;)

で、いきなり失点。
ほんとになんとなくボール取られてそのままカウンター決められて。
いくらなんでも簡単に失点し過ぎでしょ?
誰が悪いとかそういう問題じゃなく、これはもう気が抜けてるとしか思えない。
しかも同点に追いつけたと思ったら、また失点。
エリア内で相手をどフリーにしたら、決められても文句言えないでしょ?
やっちゃいけないことの最たるもののひとつじゃない?

あぁもう、いつになったらうちのコたちは、キックオフ直後からきっちりとした試合運びができるようになるんでしょう??

前半だって、悪いことばかりじゃなかった。
オフサイド取られちゃったけど、CKから闘莉王が落として高原のシュートなんて見事に狙い通りだったし、
なんかうまく行ってなかった暢久と堤くんは、プレイ中に自分たちで立て直しできてた。
1点目の勇樹ちゃん、あそこまでセカンドボールに攻め上がれてたってことだし。

あぁもう、「気の抜けた立ち上がり」さえなければ、この試合はもっといい進み方をしたんじゃないかって気しかしないですが。

後半は一転して、エジのシュート練習大会のようになってましたが(^_^;)
エジがあと3点くらい取れたような気がするんだけど(爆)
3点めは、こんなに綺麗に繋いで決められるなんて!っていう得点。
司くんとのワンツーが見事だったよ。
4点めは、高原が0.8点、エジが0.2点だよね。
諦めずに追ったボールをそのまま自分のモノにしてDF引きつけて、エジの前のスペースに 決めて来い!って感じのラストパス。やっぱり高原ってすごいのかも と思わせてくれたよ。
この2人、着実にお互いを上手く使えるようになってきてるね。
ゲルトが一緒に使い続けた訳がわかるような。

-----*-----*-----*-----*-----

闘莉王と萌ちゃんのボランチ。
いつまでも“過労死しそうな萌ちゃん”状態ではあるけど、
それでも少しずつマシにはなってきてる。
2点めのあのDFなんかモノともしないヘディングなんて、さすが闘莉王。
攻撃参加しない闘莉王なんていろんな意味で考えられない。
でも、でもやっぱり、闘莉王にボランチやらせるのは・・・・・ うーーん。

萌ちゃんが力尽きるころ、啓太が復活するんだろうか(^_^;)
・・・嫌だなそんな結果オーライなローテーションは。

-----*-----*-----*-----*-----

危なっかしい試合を続けながら、それでもいちおう負けずにいたら。
なんか首位に居るんだそうですよ。
えーーー? なんでーー?? って気しかしないですが。
ほんとに、こんな危なっかしい、ある意味帳尻合わせ続きみたいな状態で首位に居るなんて、何かに申し訳ないような。何にだろう。
でも、それこそこんな状態だから、数字上で首位とか言われても全然受け身になんかなれないよね。もっと良くしなくちゃいけないことが、もっとやらなきゃいけないことが、それこそ多すぎて。
今年のレッズは、まだまだチャレンジャー。

アレックスが、全体練習に合流しました。
啓太がやっと練習できるようになりました。
#テレ玉見てやつれたなぁと思ったけど5kgも痩せたなんて!
達也も雄ちゃんも調整はうまく行ってるみたいだし、
ロビーだってリハビリ頑張ってる。

全員で、同じ方向を見て、きっちり戦えるチームにならないとね!
毎試合、挑戦者の気持ちでっていうのはもちろんだけど、
もっといいチームになるためのチャレンジを続けなくちゃ。

明日は、ヴィッセル戦。
ナビスコとは言え、ホームで負けちゃった相手。連敗なんかしたくないよね。
みんなで戦って、勝ち点3持って埼スタに帰ろう!

| | Comments (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »