vs ガンバ ~天皇杯 決勝~

レッズ 1-0 ガンバ
連覇!2冠!!

もう、何でもいいです。
確かに90分ほとんどフルに押されっぱなしでした。
悲鳴を上げるようなシーンも何回もありましたさ。
#「ような」じゃないって

それでも都築を筆頭に、全員がしっかり守りきった。
そりゃ、やっちゃいけないようなミスだってあったけど、
それでも守りきった。
それでいいんだ、もう。最後にゴール数の多い方が、勝ちなんだ!

リーグ優勝を決めたあの瞬間に、
みんなが喜びを爆発させている中、
雄ちゃんと都築は2人、ちょっと離れたところで眺めてた。
そのあと輪に加わったけど、
やっぱり表情がちょっとみんなと違ったよね。
移籍しちゃうんじゃないかって話、あれが発端だったんじゃないかと。

その2人が、天皇杯ですごく輝いた。
それがすごく嬉しいよ。
他にも、伸二,ネネちゃん,萌ちゃん,相馬 と
リーグ戦で控えメンバーだったコがみんな頑張れた。
そうそう、ケガしちゃったけど、友ちゃんだって。

リーグ戦とメンバーが半分替わっても、
どんなに劣勢でも、勝つ気持ちが切れなかった。
どんな形でも、勝ちをもぎ取れるチームになったことがすごく嬉しい。
そして、優勝を手にしても
その試合内容に納得してないみんながすごく頼もしいよ。

天皇杯連覇、おめでとう!そしてありがとう!

ギド、
すばらしい3年間をありがとう。
監督経験ゼロのギドが、ここまでのチームを作ってくれるなんて
最初は全然想像もできなかったよ。
ギドが浦和に帰ってくるのは嬉しかったけど、
ギドに文句言いたくなるようなことになったら嫌だなぁ と思ってた。
#1度もならなかったとはいえないが(^_^;)

2004年、ナビスコ準優勝,リーグ準優勝,天皇杯ベスト4。
2005年、ナビスコベスト4,リーグ準優勝,天皇杯優勝。
2006年、ナビスコベスト8,リーグ優勝,天皇杯優勝。
こうやって並べると、すごく幸せな3年間だった。
ギド、お疲れさま。本当にありがとう!
浦和は第2の故郷。またいつかここで会えるよね?

-----*-----*-----*-----*-----

と言うわけで、実家に行ったりしていたので遅くなりましたが
読んでくださっている皆さま、
あけましておめでとうございます。
つたないBLOGではありますが、今年もよろしくお願いします。

Continue reading "vs ガンバ ~天皇杯 決勝~"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

vs アントラーズ ~天皇杯 準決勝~

レッズ 2-1 アントラーズ
今シーズンも、元日国立!

ただでさえメンバー揃ってないのに、
この試合はハセが出場停止。
おまけにツボがケガで離脱 と来て・・・

ついに1年間まったく同じメンバーは組めませんでした。
ちゃんちゃん。
・・・・笑い事じゃないってば。

この日は弊社は仕事納めなんだけど、
月曜日の時点で 午後は試合!と叫んで半休を貰ったわたし。
国立にたどり着いたのはキックオフ直後くらい。
でも同じ電車にはうぃあーさんが何人も居ましたけどね。

普通とは逆にエンドを取ってましたね。
コイントスに勝ってエンドを取ったのかな?
あの眩しさじゃ守りにくいもんね。
それくらい、前半は陽射しが強かった~

着いたころは何だか攻め込まれてて、
あぁやっぱり急造DFには荷が重いのか? とかちょっと思っちゃったり。
でもよく見ると暢久がボランチに居て、きっちりカバーに走ってたね。

そして萌ちゃん。この試合は萌ちゃんがすごく頑張った。
守りはもちろん、カットしてそのまま駆け上がる萌ちゃん。
この天皇杯の間だけでまたレベルが上がった?
相変わらず「可愛い顔してとんでもない*当たり*も」
見せてくれちゃいましたが。

伸二とロビーのコンビネーションが、
この期に及んですごく良くなってるのがもう気持ちいいくらい。
シトンと闘莉王が居なくて、リーグ戦でやってた攻撃パターンなんて
もうほとんどできないに近いんだけど、それに替わって
パスで崩しながらみんなでゴールに向かって行く攻撃。
その形を作るのに、この2人が同じイメージを持ってるのが
すごく大きいよね。

それにしても去年といい今年といい、
天皇杯は「18番」のためのモノですか(^o^)?
伸二が1ゴール1アシスト。
1点目は、あのコースに蹴られるのなんて伸二しかいない!ゴールで
2点目は、あのヒールパスは伸二しか考えない!アシスト。
足首はほんとに大丈夫なんだろうか?

今までの離脱メンバーに加えて
暢久がぎっくり腰で、
啓太が左もも裏にハリがあって、
友ちゃんは右ひざ打撲。
明日のメンバーなんてもう誰にも判らないね(^_^;)
でも、誰が出たってレッズはレッズ。
出るコが頑張れば、それで大丈夫なはず。
それだけのメンバー、揃ってるはずだもんね。

とか言いながら
暢久も啓太もふつーに出てきそうな気がするんだけど(爆)

さあ、来年も
「明けまして 浦和レッズ」って迎えよう!

-----*-----*-----*-----*-----

ところで啓太が友ちゃんと交代したとき、
啓太が足痛めてるなんてまったく判ってなかったわたしは

啓太が今回は決勝に出られるように
イエロー貰ってない今のうちに交代させようと
ギドが思ったに違いない

と思ったんですが 違いますね そうですね(自爆)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

vs ジュビロ ~天皇杯 準々決勝~

レッズ 3-3(PK 10-9) ジュビロ
勝ってくれて、ありがとう。

闘莉王,アレックスの上に、シトンもいない。
当日気づくとネネちゃんも居ない。ホリも達也も当然居ない。
そりゃ、それでも今までと遜色のないスタメンは組めますよ。
でもこのメンバーで臨む試合は見たことがないですよ(^_^;)

しかもセルに加え、初めて堤くんがベンチ入りですよ!
・・・DF、今この瞬間ほんっとーにギリギリですね(爆)

前半、両サイドを好きなように使われちゃって。
特に向こうの右 ってことはこっちの左。
#だからもっと頑張れ相馬。絶対できる。もっとできる!
何回もフリーで駆け上がられて、危ないシーンの連続。
誰がマークを外しちゃうのか、それとも全てがミスなのか?
・・・どっちも嫌だな。
それでも何とか持ちこたえられるか? と思ったんだけど
前半のうちに点を取られて。
それでもまだ1点なら後半いくらでも! と思ったんだけど
後半早々に追加点取られる(-_-;)

ここで一瞬諦めの気持ちが出なかったとは言わないよ。
いや悪かったよホントに。

後半から入ってきた伸二が、
ハーフタイムの伸二コールに応えるように
足首の怪我はどうしたの?と思うようなプレイを続けてくれたね。
右に「行きたくなかったはず」の暢久も、獅子奮迅の働きを見せてくれた。
やーっぱ暢久の右もいいよねー
伸二が入ってから、雄ちゃんも明らかに動きやすくなったみたいだったし。
2点取ったはずなのに、1点損した!

伸二のヘッドと芸術ループで逆転に成功したけど、
リードは守れずに延長。延長では決まらず、PK戦。
そんなに埼スタで試合をしたいのかこのコたちは。

始まる前にそれぞれのGKが審判と長く話をしてて、
なんだ?と思っていたら

レフェリーがPK戦の前に『早く動いたらやり直しにするから』といっていたので、相手が蹴ってから反応するようにしていた。

んだそうで。
だからちゃんと反応できてるのに止め損ねてたんだ~!
ほぼ全て当たってるのになんで1つも止めらんないの?都築が?!
と思ったのは、こう言う理由だったんだ。

こっちは順番に、伸二、暢久、ロビー、友ちゃん、ハセ。
友ちゃんが外して! と思ったら蹴り直し。
それこそ『早く動いたらやり直しにする』だったようで。
5人ともきっちり決めたね。暢久もね(^_^;)
5人終わったところで6人目に出てきたうっちーを止めて
自分で蹴りに行った都築はカッコよかった~
そのあとは、うっちー、啓太、ツボ、萌ちゃん。
啓太がいちばん怖かったですよ。
レプリカに13番背負ってるのに、いちばん怖かったですって。
ここで開発しちゃったらどーしよう~
・・・絶対わたしだけじゃないに違いない。

PK戦は北ゴールを使ったから、
誰かが外すとしたらジュビロの若い子じゃないかと思ってたんだ。
当たったわ。
レッズは全員がきっちり決めて来ました。
うちのコたち、気がついたらずいぶん強くなったんだね。
最後に1人蹴らずに残ったのは、ジュビロはGKだけど、レッズは黒部。
順番決めたの誰なんだろう?
FWを最後に残す って、余裕を感じるんだけど。
もつれても、最後まで誰も外さない! って言う。

さあ、これであと2つになりました。
国立で、アントラーズ。
今年は元日の国立で始まり、国立で終わります。
来年も「元日に」国立で始められるように!

で、ブラジルでTVを見るだろうシトンと闘莉王とアレックスに
やっぱり日本にいれば良かった! と思わせるのさ♪

Continue reading "vs ジュビロ ~天皇杯 準々決勝~"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

vs アビスパ ~天皇杯5回戦~ & パレード

レッズ 3-0 アビスパ
前半は爆睡していた。
ただしこの試合、前半90分,後半30分。

ってことでよろしいですね?

わざわざサテ戦に出た10/29の闘莉王の
「試合勘がなくなると困る」とか何とか言う発言は
あながち間違っちゃ居なかったんだな~ とか。
2週間開いた上に3日も完全オフにしちゃいけなかったのかしら。
その間余計に2試合やってたアビスパの方が
よっぽどいい動きしてたよね。

いや確かに個人個人をピックアップしたら
うちのコたちの方がずっと上手いことはよく判るんだが。
それが証拠にパスはよく回る・・・・んだが。
でもねー クロスあげても受けるコが居ない とか。
そもそもクロスが吹っ飛んでいく(爆) とか。

ほんとにもう、勝ったからよかったようなものの
ここで「こんな内容で」負けて天皇杯終わりとか冗談じゃないし。
後半途中、「永井コール」が出たのを
ピッチのみんなはどう受け止めたんだろうね?
本人は嬉しかったようだが(^_^;)

ハセと雄ちゃんが交代で出てきてから、
チーム全体の動きもよくなった気がしたね。
ま、向こうの疲労もあったかもしれないけど、
暢久だって伸二だって、ほんとはもっとできるでしょう?
暢久はもう休みボケはダメです。
伸二はやっぱり、ちゃんと足首を治してからかな。
もっと「みんなと」練習する時間が増えれば。
今年は別メニューが多かったからね。

久々のGK都築!
お祈り監視隊の活動報告をせねば。
前半は3回、後半は2回でしたよ~
延長ではやらないんだね。
そうか各ポストにつき1日1回か。とかバカなことを思ったり。
やっぱりゴールキックの弾道が美しいのよーーー♪

暢久の交代で、キャプテンマークは啓太が巻きました。
延長のコイントスの時まで気がつかなかった。すいません<誰にだ
啓太はこの手の責任を背負わせると伸びるタイプだと思うんだよなぁ
来年のキャプテンは誰になるんだろう。

それにしても日数開いた分、30分も余計に試合しちゃいましたね。
これで試合勘も戻ったことでしょう(爆)
次のジュビロ戦、こんな状態じゃ話にならないよ!

って、17,675人しか入らないんじゃ、サポも話にならないけど(-_-;)

-----*-----*-----*-----*-----

パレードは、TVで見ましたよ。
市役所の紙吹雪がほんとに綺麗だった~
みんなで折り紙するなと言うのに。まったくもう子どもなんだから。

TVに映るレッズのみんなの笑顔と、
パレードを見に集まった人々の笑顔と。
優勝するっていいなぁ・・・ と改めて思いました。

それにしても勝ってて良かったよほんとに。

シャンパンファイトの後、シャンパンをラッパ飲みしてたのは
TVに映ってた闘莉王と雄ちゃん以外にもいるのかな?
この2人、サマになってるんだけど。
シャンパンラッパ飲みがサマになるって、人を選ぶ・・・よねぇ(激爆)

| | Comments (0)

vs ガンバ ~最終節~

レッズ 3-2 ガンバ

浦和レッズ、優勝おめでとう!

ホントに嬉しい時って、
何も言えなくなっちゃうもんなんだな と思った。
決まった瞬間は泣くかな? と思っていたんだけど、
その瞬間はたぶん 弾けるような笑顔 だったと思う。
少なくとも最初に涙が出たのは、
岡野とうっちーがチャンピオンフラッグをもらったときだった。

最初が笑顔だった理由は、
直前にロアー設置のモニターで
ベンチで踊りまくるロビーとアレックスを見ちゃったからかもしれないけど(^_^;)

ピッチ一周が終わってみんながいなくなったあと、
何も言えずに席に座りこんでしまったし。

みんな、おめでとう。ありがとう。
ずーっとレッズを見ていてよかった。

-----*-----*-----*-----*-----

威風堂々で、指定もオールスタンディングになった。
全員とは行かなかったけど、手も繋げたね。
わたしは、見知らぬ隣の席の人に、声を掛けることができたよ。
手を差し出して、「やりませんか?」って。
その人は、スタ観戦歴少なそうな人だったけど、
戸惑いつつも手を出してくれた。

自分にできることを、ひとつやれた。
埼スタ指定のあちこちで、きっとこんな図ができていたんだろうな。

-----*-----*-----*-----*-----

試合終了後の浦和の街にちょっと行ってみた。
幸せな街になってたよ。

20061202_1916_001    

駅前。サッカーツリー見たかったんだ。

20061202_1943_000_1                     

駅長さんにお祝いしてもらえるチームも
なかなかないよね。

-----*-----*-----*-----*-----

試合のことは・・・・
試合中はほとんど覚えてないんだけど(^_^;)

先制されて ヤバい! と思って
ロビーのシュート決まって これから!と思って
シトンの追加点で よし! と思って
シトンの3点めで 勝って決める! と思った。

あと当日でも覚えていたのは、
うっちーのミドルシュート。
ホントにこの日のうっちーはキレキレだったよ。

交代で出てきた達也とツボと岡野は、
きっとギドがピッチ上で優勝を迎えさせたかったんだよね。
じゃなきゃ達也の左サイドなんて理解不能(^_^;)
全員をピッチに立たせてあげたかったな。

勝って優勝できて、ほんとによかったね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

vs FC東京 ~第33節~

FC東京 0-0 レッズ
そんなにお家がいいのかこのコたちは!

と、後で思った。
そりゃ、仮に勝てなくてもガンバが勝てなきゃそれで良し だし、
引き分けとけば、ガンバが勝っても最終節負けなきゃ良し。
だったら「負けないような」試合をしとくのは大事なことかも?

でもねぇ
そもそもみんな硬くなってるのが目に見えて判っちゃうんだよなぁ。
普段そんなプレイしないだろう! と。
だから必要以上に慎重な試合運びになっちゃった感じ。
いくらなんでも引きまくり過ぎ。
それじゃできることの半分もできないよ。
「やればできる」ったってやらなきゃできないって。

横パスとバックパス抜いたらプレイ半分なくなっちゃうんじゃ?
しかもそれをカットされちゃもうどうしてくれよう と。
ゴールどっちだか判ってる?? とか。
そこまで行って何でシュートしないの!!! とか。
前にシトンしかいない だけじゃ飽きたらず、
マイボールになっても前に行かないんじゃほんとにもう とか。

で、最初に戻る。
アンタたちはそんなに「お家で優勝」したいわけ? と。

この日のFC東京の子たちの出来を見たら、
こんなんじゃ点は取れませんよ。
動きのよさは段違いに向こうの勝ち。
ギシが何点防いでくれた?
無事に引き分けに持ち込めたからまだよかったけど。

わたし、ベンチなんてまったく見てなかったんですよ。
アウェイ自由のかなーりバック寄りだったから
今考えたらほぼ正面に見えてたはずなんだけど(^_^;)
だからベンチから「万博2-2」のサインが出てたことも知らない。
おかげで、後半40分過ぎあたりからすっごく苛ついた・・・
勝つ気ないのか! って。なかったのね・・・ある意味・・・・・
#闘莉王と一緒かわたしは

これで最終節がそのまま最終決戦。
他の試合をまったく気にすることなく、目の前の試合に集中できる。
この試合みたいに90分間ずっと他所も気になる ってよりも
ずーーっといい状態で試合ができるね。
ホームで、スタンド350度のサポの後押しを受けて、
文句なしの優勝を!

-----*-----*-----*-----*-----

さて

うっちーはどーしてキャプテンマークを闘莉王に譲っちゃうのか(^_^;)
とつい思っちゃった人はわたしだけですか?

サンガ、すごく頑張ってくれたよねーー
得失点差、1しか縮まなかったってもう、感謝してもし切れない(爆)

-----*-----*-----*-----*-----

Continue reading "vs FC東京 ~第33節~"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

vs ヴァンフォーレ ~第32節~

レッズ 3-0 ヴァンフォーレ
ドラマティックにも程がある(^_^;)

急に寒くなったけど、幸い雨は降ってなくて
プレイする分には「寒すぎ!」ってこともないかな?
って感じの天気。
席に着くとカップホルダーに黒のシートが入ってて
今日もビジュアルやるんだな と。

シート揚げながら覗き見た北ゴール裏の綺麗さに驚いてたら
バックも、メインも!しかもアッパーまで。
2003のナビ決勝を思い出した~ 絶対負けないよこれ。

で、試合は。
みんなの気持ちはすごくよく伝わってくるんだけど・・・
焦り過ぎ。つか慌て過ぎ。
もっと落ち着いてやればなんともないことじゃないか!
ってことがもう何回あったことか。
その際たるものがシトンのPK2本外しだけど。

同じ試合で2本「外す」ならまだしも「止められる」なんて
それ有り得ないし!
ギシが

『2本目は甲府のGKが早く動いたのが見えたので、いつものワシ(ワシントン)なら冷静に流し込むと思った。』

ってコメントしてたけど、ほんとに2本目はGKが先に動いてた。
後出しじゃんけんで負けてるし!<をい

でもこれでもしヴァンフォーレに先制されてたら
もっと雰囲気悪くなってたかもしれない と考えると、
何度かあった向こうのチャンスを抑えられたのが、
ハーフタイムにきちんと切り替えられた要因のひとつかな?と。
ま、ギドがぶち切れたから逆に・・・ って話もあるらしいが(^_^;)

後半、いきなり先制点。
前半あんなに苦しんだのはなんだったんだ?ってくらい
あっさりと得点。
後半キックオフ直後からハセがサイド切り裂いて行ったのがよかったかな。
向こうはサイドを見なきゃならなくなって、逆に中が空いた。
今の暢久、あれだけスペースあったら楽勝でクロス上げられる。

先制点を、シトンが決めた ってのがほんとに良かった。
誰が入れても1点は1点だけど、
前半の嫌~なことがあれで全部吹き飛んだ。
決めたシトンに「群がってく」みんなを見て、
みんなもやっぱりそうだったのかなぁ とか。
シトンのはじけた笑顔を見ても、やっぱりそうだったかなあ と。
で、シトンに何人登ってんですか(爆)

これでスタジアムの空気が変わりましたね。
え? え?? っていう空気が 行ける!って感じに。
ミスも減ったし、攻撃がちゃんと繋がるように。

暢久はこの日も確変止まらず。
前節の途中交代がまた効いちゃった?
1得点1アシスト っていう記録以上に、90分効きまくり。
前に 岡野はまだ上手くなるのか?!って思ったけど
暢久もか?
まったくもう、うちの三十路組と来たら。天井知らずなんだから。

萌ちゃんが久々にトップの試合に。
U-21で試合やった直後だっただけあって、試合勘に心配はなかったね。
それにしてもこのコ、トップの試合に来ればきっちりやれるんだよなあ。
お兄ちゃんたちが声かけてくれるからなぁ(^_^;)
それが自力でできるようになると、またレベルアップなんだけどな~

雄ちゃんと相馬も、自分のできることをちゃんと見せてくれたし
ヒラは久々に1人スルーパス駆け上がり!を見せてくれたし。
細かいミスはまあ置いといて、この日のミッションは達成。
内容がどうとかより、あと2試合に向けての気持ちの面で
いい試合ができたんじゃないかな。

で、サッカーの神様は
頑張ったコたちにご褒美をくれました。
フロンタは脱落し、ガンバは足踏み。
FC東京戦で勝てば、そこで決まりですよ。
アウェイで優勝 ってのも悪くないじゃない?
うちのホームで優勝される ってやられまくってるし(^_^;)
2004はホームだったけど「負けて」優勝だったしね。
アウェイでもいいから「勝って」優勝決めたい!

-----*-----*-----*-----*-----

まだかなり早い時間だったようで知らなかったけど、
バカがバカな断幕をメインロアーとビジターの間に出したそうで。
情けないと言うか恥ずかしいと言うか、
やっていいことといけないことの区別くらい付けられないのかと。
つーかその断幕を出して誰が喜ぶのかと。
うちのコたち、誰1人喜ばないよそんなもん。
横断幕ってのは、サポートするためのものなんじゃないの?

出したバカの存在も情けないけど、
出した本人以外にそこに誰もいなかったわけじゃあるまいし
誰か1人くらい止めようと思わなかったんだろうか とか
自分で止めに行くのは怖いかもしれないけど
シミスポなりクラブの人なりに言いに行くくらいできなかったのか とか。

REDS系とは言えこんな隅っこのブログまで読みに来る
ヴァンフォーレサポさんがいるとも思えないけど
ほんとに、ごめんなさい。

| | Comments (0)

vs グランパス ~第31節~

グランパス 1-0 レッズ
ここまで決まらないんじゃ、しょうがないのか。

と、この一言で全てが片付いてしまうな。
シュート数、グランパス3,レッズ18。
でも、試合は1-0で負け って。

試合開始から としたら初めての4バック。
でも、4バックにしたこと自体は別に悪くなかったよね。
それこそ「急造4バック」と言ってもおかしくないくらいだけど
ちゃんと機能してた、と、思う。
いや、ほんとは4バックなら両サイドがもっと上がらなきゃなのか?
でも、「上がって来ないからチャンスが作れない」ってことは
全然なかったしね。

前半から何度となくシュートまで持って来れるんだ。
それが、この試合に限ってついに1つも決まらなかった。
闘莉王が 「こういう日もある。入らない時は、何をやっても入らないし。」と
コメントしてたけど、それ以外に言いようがない。
前半の、ポストを叩いたシトンのシュートが決まってれば・・・!
とは思うけどね。
でも最後まで絶対に点入ると思ってたし。
これだけ攻めてて、入らないわけないとか思ってたし。

失点シーン。
あのときだけ、あの場所にぽっかりスペースを空けちゃった。
ゴール裏の「ちょうどあのスペースの真後ろ」ってあたりに居たので
これヤバい、危ない!! と思ったところを決められた。
とりあえずヨンセンは上手かった。それは仕方ないけど、
あんなにフリーでクロス上げさせちゃったらダメだよね。
危ない動きをする子を、フリーにしちゃいけない。

あと2週間。あと3試合。
確かに差は詰められたけど、勝てばいいことに変わりはないし。
ホーム2試合 + アウェイ1試合。
味スタなら、「ほぼホーム」にできるはず。
落ち着いて、今まで通りに、できる限りのことをしよう!

-----*-----*-----*-----*-----

豊スタ、初めて行きましたよ。
またもゴール裏の並びはすごいことになってましたね(^_^;)

スタに着いたのは10:30くらいだったかと思うんだけど、
もう芝生エリアの列もかなり延びてました。
しかもひたすら往復してる形の列で。
開門を待ちながら、カシマの入場の荒れ方を想像しちゃいましたよ。
でもここは仕切りがちゃんとしてた!
1往復ずつ切っての入場。しかもそれぞれの最後尾には必ずスタッフ。
あーーー 見習ってくれーーーーー!>どことかどことかどことか

入場したときはもう、1階には席が見つけられず。
とりあえず2階に上がりましたが・・・・
怖いって。あの急勾配は怖すぎだって。
わたしは高所恐怖症ではないぞ。でもバランス感覚がないんだ!
三半規管じゃなくて「一半規管」だ って言われてるんだから(自爆)
つーことで
半ば意地になって1階探しましたよ。
空きを見つけたときにはマジでホッとしたよーーー

上で立ってた人、心の底から尊敬します。ほんとに、もう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

vs F・マリノス ~第30節~

レッズ 1-0 マリノス
着実に、また1歩。

この試合まで、埼スタでマリノスに勝ってなかったんだって?
全然そんなの意識に無かったなぁ。今年一度も負けてないし。
いや、基本的に嫌なことすぐ忘れるタイプなんで(^_^;)

美園の駅からスタジアムまで、「ALL COME TOGETHER」。
埼スタゲートにまで、「ALL COME TOGETHER」。
あ~ ホントに今年は本気だ・・・・・

ツボもホリも離脱したDF陣がかなり心配されて居ましたが、
スタメンはうっちーとネネちゃん。
右に雄ちゃんが入り、前はシトンとロビー。
そしてGKは都築が久々に。
「レギュラー陣が大幅に替わって」とか書かれそうだけど
別に遜色ないもんね?

そして「いつものエンドで」キックオフ。やっぱ落ち着くってこの方が。

うっちーはマルケスをきっちり押さえましたよ。
ネネちゃんは要所要所で上手いカットを見せてくれた。
雄ちゃんはドゥトラに全然負けてないし、
山瀬は啓太がきっちりマークして押さえ込む。
啓太が山瀬につきっきりな分ちょっと空きそうな中盤は
ハセと暢久がよく動いて埋めてる。

守備に関してはほとんど怖い所なかったよね。
山瀬と坂田のツインシュート(爆)以外は。
都築の“ねこパーンチ”も確実なクリアだったし。
放り込みはことごとく闘莉王が跳ね返すし。

開始早々に闘莉王が倒れたときは
うっわーーー やめてーーーどーしようーーーと思ったけど。

得点シーン。
スローインをカットして、パスがロビーに繋がったとこで
行ける!と思った。ただし入れるのはシトンだと思った(自爆)
暢久、これ以上ないって位置に飛び込んで来たね。
シトンが「なかなか仕事をさせてもらえなかった」とコメントしてたけど、
あの位置に暢久が*フリーで*突っ込んでこれたのは
「シトンがそこにいる」からだよね。もう居るだけで仕事してます。シトン。

2点目、3点目が取れるチャンスもあったんだから、
そのうち1つでも決められればもっと楽だったとは思うんだ。
でもあの滑り易いピッチでは仕方ないかも。
雄ちゃんのビッグチャンスは軸足が思いっきり滑ってたし、
そもそもボールが余計に走るし。
取った1点をきっちり守りきることができるようになった って
ある意味進歩だよねえ?

次は、名古屋。
ここからちょっと連戦だから、
ここをきっちり勝ってホームに帰って来たいね。
そのためにもとりあえず代表組!無事に帰って来ること!
って札幌と韓国か・・・どっちも寒いな(^_^;)

-----*-----*-----*-----*-----

ビジュアルサポートは、ハートの12@黒 の裏に居ました。
でかユニの下も、白と赤のハートの12の裏にも居たことがあるけど
黒の裏になったのは初めてでした。
黒の裏ってあんなに暗くなるんだ!驚いた!!

でかユニがアッパーに出てましたね。ちょうど収まってましたね。
ってことは、ゴール裏とアッパーの「長さ」(って言うのか?)は
同じくらいなのか・・・・ とビデオ見て思った。

審判ですが。
もう審判に文句言うのもバカバカしくなってきましたが。
バック側の線審は、オフサードルールの変更を知りませんね?

ハーフタイムと試合終了後に、来年のカレンダーが紹介されました。
なんですか12月のあの雄ちゃんの写真は。
スタジアム中どよめきましたよ。
にしても、ハーフタイムでみんな見てるはずなのに
試合終了後の紹介でまたどよめくっていったい(^_^;)

バックロアーの最後部はオーロラビジョンが見づらいです。
なのでモニターが設置されてます。
基本的にオーロラビジョンと同じ画が映ってますが、
たまに違ったりしてます<試合中はあまり見ないのでよく判らん
で、他会場の結果or経過のときだけ
同じものが1テンポ早く出ちゃうんですよこれが。
#夏海さんが一試合読み終わった瞬間に次の試合が出る
ロアー後部がなぜか早くどよめくのはそのせいです。

さて、試合終了後の他会場の結果のアナウンス。
このときもいつもと同じように1テンポ早く出てた。
が、味スタのFC東京-フロンタ戦 のときだけ、
次の試合を出しちゃってたモニターを元に戻した!
・・・・早く出るって気がついてたのか!だったら直して欲しいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

vs 静岡FC ~天皇杯4回戦~

レッズ 5-0 静岡FC
なんて大人げない・・・・・・(^_^;)

ギドが自分で「ベストメンバーで」って言ったんだから
あのスタメンはほぼ予想通りではあったけど、
アップにシトンが出て来たときに
「なんて大人げない(^_^;)」と本気で思いましたよ。
つか、それこそ4部リーグ相手に
代表5人+元代表3人+元セレソン(爆)1人って、
これを大人げないと言わずして何と言う。

こんなチームを相手にした静岡FCは、
「ドン引きで守って守ってカウンター」とは正反対の
「えーい どーせ負けてもともとだ~ 行け行け~~!!」な
サッカーをして来ましたよ。
・・・だから荒っぽくなるんだわな。そりゃな。
ウチのコがケガしないか とか、うかつにイエローもらわないか とか
そっちばっかり気になってしまったのはきっとわたしだけじゃあるまい。

試合そのものは、開始4分で達也がループシュートを決めたので
終始レッズペースで運ぶことができたかと。
達也が2得点できたのも良かったし、
ハセが久~しぶりに決めたのも良かった!
ハセのシュート、ほんとに久々に枠に行ったもんねぇ・・・
と思うと啓太がとてつもなく宇宙開発してたけど(^_^;)

後半、ホーム側に攻撃してくるようになってから気がついたんだけど、
この試合でシトンと達也は間違いなくコンビネーションの練習してた。
撃っちゃっていいのに!ってところで
2人ともパスを選ぶことが何度かあったんだけど、
あの2人、間違いなく「より確実に」アイコンタクト取ってたし。
・・・なんて壮大な練習試合なんだ(激爆)

久しぶりと言えば、都築と岡野のスタメン。

久々のツヅキックは、やっぱり見てて気持ちいいくらい決まる!
あの低い弾道は都築にしか出せないと思う。
守備面は間違い無くヒマそうだったけどね(^_^;)
やっぱり都築も見たいよーーーー

岡野は相変わらずボールを持つだけでスタンドが沸きますね。
あのシュートは決めなきゃでしょ! とは思うけど。
ところで岡野は試合では髪を結んでほしくないと思うのはわたしだけ?
だって結んじゃうと「野人」じゃないんだもん<をい

後半頭からホリを替えた訳が解ってなくて「?」だったんだけど
膝痛めてたのね・・・痛いなぁここでホリも離脱となると。
軽傷で済むことを祈ってますが、半月板損傷って大丈夫なの??
替わりに出てきたうっちーは、無難だったと思うよ。
友ちゃんもいつでもリーグ戦も出られる状態だなぁ と思った。

で、ハセに替えて相馬 ってのだけが・・・・
相馬ってことはアレックスお休みかと思ったんだけど、ハセだったでしょ?
この試合でこの点差で*ハセを*替えるなら、
萌ちゃんでも大山くんでもよかったんじゃないのかな。
3人目の交代がハセなら、相馬も出られなくても納得できそうだし。

つか、いっそ特別ルールで5人まで替えてOKとかしたかったな(爆)

ここ2試合勝ちがなかったチームが、ほぼメンバーを変えずに快勝。
残りのリーグ戦5試合に気分良く入って行けそうだね。
最後に笑うのはオレたちだ! ってことで、突っ走ろう!

Continue reading "vs 静岡FC ~天皇杯4回戦~"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧